REVIEW INTRODUCTION SCHEDULE  
Shinobu's theatre review
しのぶの演劇レビュー
mail
REVIEW

2002年06月08日

フィリップ・リドリー作『ピッチフォーク・ディズニー』シアタートラム05/24-06/23

 うぅぅぅ~・・・怖かったです。もー・・・・・ヤっっ!って思うほど。心臓の弱い方や、グロ苦手な方にはお薦めしません。

 白井晃さんっぽい作品でしたね~。「エス 記憶のけもの」とか「ムーン・パレス」とかと同種類。知的オタクっぽいんですよね。ファンタジーなんだけどハードコア、みたいな。

 フィリップ・リドリーさんと言うと映画でも有名なんですよね。「柔らかい殻」とか。つまりかなり芸術性が高い、いわゆる「スノッブ」な作品を作られる方のよう。まさにそんな感じの脚本でした。リーディング・ドラマとして去年は世田谷パブリックシアターで朗読されたそうですが、朗読なら良かったのに・・・・と思うほど、怖かった。濃かった。

 舞台装置がすっごく象徴的で渋い。壁の質感や家具の細部までこだわりを感じました。横に広いトラムの舞台を、狭く縦長に使うってのがそもそも良い。照明もまるで絵画のようにさまざまな色彩を舞台に映し出して、それ自体が作品のようでした。

 宝生舞さん。すっごく良かった。ハスキーな声も魅力。才能ある! また成長されたあなたを観られたことで、私は満足することにします。

 萩原聖人さん。きっとこういうお芝居がお好きなんでしょうね。小難しいヤツ(笑)。 かわいらしい少年っぽさが持ち味で、きっちり発揮されてました。しっかしあの長セリフ!30分以上だよっ!あんなの初めてだよ!!!

 山本耕史さん。悪い役って似合わないと思うなー・・・。上手いしかっこいいしキュートだし、はっきり言ってファンなんですが、今回は痛々しかった・・・。射精(してるっぽい演技の)シーンとか、ヤだ。夢が壊れるっす。

 吉田メタルさん。ちょーコワ。動きはさすが新感線、ですね。

世田谷パブリックシアターHP : http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/

Posted by shinobu at 2002年06月08日 23:13 | TrackBack (0)